伝統的な風呂敷

風呂敷が古くさいと言うイメージはもう古い

唐草
風呂敷という言葉を聞いた時に、どんな事をイメージしますか。

風呂敷のイメージ

おじいちゃん・おばあちゃんがよく使う物だと考えている人や、
現代には似合わない古くさいアイテムだと思っている人が多いかもしれません。

しかし実際はそんなイメージ自体がすでに古い物になっています。

最近はおしゃれな見た目のデザイン風呂敷が多数販売されていて、
若い人でも商品を購入しているケースが多くなってきています。

京都のれんで扱っている風呂敷も、そんなお洒落な風呂敷の一つです。

優れたデザインが施されたデザイン風呂敷は、お年寄りを代表する
アイテムなどではなく、誰でも使えるお洒落で便利なアイテムとして注目されています。

日常の中に彩りを求めている人や、身近な小物でお洒落を楽しみたいという人は
一度京都のれんが取り扱っているデザイン風呂敷に目を向けてみてください。

機能性も抜群であるため、使い心地の面でも便利な商品だと分かるでしょう。

風呂敷は運搬以外の面でも活躍する便利なアイテム

風呂敷は物を包んで運ぶための物だと考えていませんか。

その認識は正しいですが、実はそれ以外にも様々な使い道が存在しています。使い道

例えば、ちょっとした小物を飾る時の敷き物にしても良いですし、外でお弁当を食べる時には
お洒落なランチョンマットにもできます。

ファスナーなどで閉じる事ができない鞄を持ち歩く時は、中身が見えないように目隠しをする事もできるでしょう。

家庭でおやつを作る時にさっと調理をしたいなら、長めの風呂敷を手早く腰に巻いて
即席のエプロンにする事にも可能です。

また、小さな子供がいる家庭の場合だと、食事の際にご飯が服につかないように、
ナプキン代わりにするといった使い道もあります。

このようにちょっと身の回りを振り返っただけでも、運搬以外の面で様々な使い方が存在するのが分かるでしょう。

機能性や応用性が高い事が大きな魅力となります。
工夫する事で日常の様々な面で活躍してくれるため、風呂敷を一枚持っておくと便利です。