伝統的な風呂敷

サイズ

唐草
風呂敷は日本ならではのものであり、本などの荷物を包んだり
持ち運んだりするための布です。

大きなものでは、布団や衣類の収納のためにも使うことがありました。
しかしながら昨今では、物を運ぶために袋やカバンなどがありますし
場合によっては段ボールなどの箱を用いることもあります。

収納するときにも衣装ケースなどがありますので、風呂敷を用いることはなくなりました。
ただし、日本だけの独特の柄などは昔と変わらず好まれていますので
大きさによっては今でも使われています。

使われ続けている

風呂敷の角などを結んでバッグを作ったり、背負えるリュックなどにすることもできます。


ティッシュ

小さなものは飾りなどにも使うことができます。
今ではアレンジ次第で様々な使い道があります。

北欧のファブリックをインテリアに使うこと。お洒落な人の間ではもう定番ですよね。
同じような使い方で風呂敷を使ってみるのも良いでしょう。
和風以外にも様々なデザインが風呂敷にはあり、楽しめるのです。

 

HOMEへ  化学繊維で人気  ご存じですか?ふろしきの包み方  柄を楽しむ  サイズふろしき別用途  包んで運ぶ  老舗の風呂敷  風呂敷のアレンジ
風呂敷を贈る  個性を持つ  洗える風呂敷  モダンなアイテム  金品を包むふろしき袱紗  カラフルな柄staccatoさんデザインふろしき  幸運を呼ぶ柄
便利な無地の紫  SITEマップ