オリジナルアレンジ

唐草

くじら柄

風呂敷には包む以外にも、一つ結びや四つ結びでバッグになったり
使い方の工夫次第では子どもの遊び道具になったりと
様々用途があります。

 

そこにミシンをかける手間を加えれば、さらにオリジナルアレンジが可能です。

まず飾って楽しむアレンジのやり方は、風呂敷の両端を輪にして縫い
棒を2本用意してその輪に通すと掛け軸になります。

最近のデザインは和柄、モダンな柄、おしゃれな柄など、種類も豊富なので
飾る部屋に合わせて選ぶといいですね。

小さなものならトイレや玄関といった狭い空間、大きなものなら
リビングや寝室に飾るだけでその空間が華やぎます。

もう一つは持ち歩いて楽しむやり方です。

結んでバッグにするのも素敵ですが、風呂敷の両脇にミシンをかけ、上部を輪にして
縫って紐を通すと可愛らしい巾着ができます。

合わせる紐も、着物に帯を合わせるように色を選べば存在感抜群ですよ。

小さな巾着は普段使いのバッグの中で、大きな巾着は家の中での片付けなどに大活躍です。
柔らかで上品な風情の風呂敷は飾っても、持ち歩いても心を和ませてくれます。