バッグ

唐草
風呂敷は日本ならではのものであります。
そして独特の色や柄を有していて、他にない風合いなどが特徴です。

様々な用途がありますが、現在では、主に贈り物を差し上げる際に
包んで運ぶことなどに用いられています。

通常であれば手提げ袋に入れますが、格式高いところでの作法として
用いることも多いです。

しかしながら、昔のように本などの荷物を包んで持ち歩くことは減り、
布団や衣類の保存のためにも用いられることはめったにないです。

そのような中でも、風呂敷の良さを理解している人は多く、最近では
様々なアレンジを加えることで、洋服にも合わせやすくなっています。

風呂敷バッグ

風呂敷は角を結んだりとめたりすることで、バッグの役割をします。
結び目で取っ手を作ることもできますし、他のものをつけることもできます。


取っ手もお洒落なデザインのものが出ています。
組み合わせ次第で自由に楽しむことができ、個性を表現できるでしょう。
気分で気軽に変えることができるのも、風呂敷の良さなのです。